葬儀のアレコレはプロにお任せ~故人を見送るためのお葬式~

葬儀

身内で行う葬儀

事前に周囲への配慮も必要

お葬式

現在、家族のみで葬儀を行うケースが増えてきています。もし、あらかじめ家族葬にすることを決めた場合は事前に準備を進めておくことをおすすめします。 一般的に、人が亡くなるとすぐに通夜や葬儀の手配を行います。亡くなられた数時間後には葬儀社との打ち合わせを行うのです。家族葬の場合は、その前に、親戚一同に家族のみで見送ることへの同意を得る必要があります。参列を遠慮いただくことになるからです。亡くなられた後は何かとあわただしくなりますし、一言で済ませるようなものでもないため、できれば生前から親族の同意は得ておきたいものです。中にはどうしても参列したいという方もいます。特に近い親戚の場合は、家族葬という名目でも同席されるというケースも少なくありません。いずれの場合でも、親族が納得する形におさめることが必要です。

葬儀社を選ぶ際に知っておきたいこと

一般的な葬儀の場合もそうですが、葬儀社の選定もできれば生前に行っておきたいものです。地域によって異なりますが、複数の葬儀社が利用できる場合があり、それぞれに特徴や価格が異なるからです。近年では便利な家族葬専用のプランもあるため、より準備は簡略化することができるようになりました。そうした専用プランの多くが、費用の安さを売りにしていることもあり、費用を抑えたいという方にも便利です。 しかし、価格だけでは葬儀社は選べません。スタッフの対応や設備によっては、当日に不都合が生じることもあります。こころよく大切な方を見送るためにも総合的に判断して葬儀社を選ぶ必要があるのです。また、葬儀プランには予め最低限必要なものは含まれていますが、追加費用が発生する事例が多いのが実情です。あらかじめどういった場合にどの程度の費用が追加されるのか事前に確認しておくことも、葬儀社を決定する段階で知っておきたいものです。