葬儀のアレコレはプロにお任せ~故人を見送るためのお葬式~

葬儀

葬儀の方法と費用

無駄を抑えて効果的に費用を使う

葬式

葬儀は飲食接待やお布施など、様々なことにお金がかかります。これらの葬儀費用は何かとかかるものですが、色々と見直せば無駄を抑えて、なおかつしたい葬儀を無理なく行うことが可能です。 例えば、葬祭場を使わず自宅や公営の式場で行うと式場使用料が抑えられます。ただし、音響が使えなかったり、火葬場から遠く離れていたりと、デメリットがある場合もあるので、きちんと確認することも大事です。 最高の祭壇を用いるのが最後の孝行、と思わないことも費用を抑えるのに重要です。値段が安くなればもちろん祭壇は小さくなりますが、上を見たらきりがないのがこの祭壇です。祭壇の大きさは会葬者の人数を目安に決めます。花や親族からの供物で飾れば、小さな祭壇でも十分見栄えがするものです。

小さなお葬式で葬儀費用を抑える傾向

葬儀費用を大きく抑えたいと考えるなら、葬儀のスタイルから見直します。 家族葬なら葬儀費用を抑えられると言うのは、実は大きな勘違いで、思う葬儀にするには相応の費用がかかりますし、香典収入がないので、かかった費用は全額家族の持ち出しです。親族間や交友関係のトラブルの原因にもなりますので、家族葬儀を行う際には十分な相談と配慮が必要です。 最近では葬儀費用を大きく抑えられると、直葬が増えています。これは火葬式のことで、「じきそう」とも「ちょくそう」とも言います。 2000年以降都市部で増えており、通夜も告別式も行わない、火葬のみの葬儀ですので、費用は18万円前後で行うことが出来ます。 時間の軽減も出来ると言う利点もありますが、こちらも家族葬同様のトラブルになるケースが報告されています。 他にも告別式のみの一日葬で通夜にかかる費用をなくすなど、都市部を中心に、小さなお葬式で葬儀費用を抑えようと言う傾向になっています。