葬儀のアレコレはプロにお任せ~故人を見送るためのお葬式~

葬儀

古くからの葬儀

大切な人をおくるためのセレモニーにかかる費用について

お葬式

日本でも古くから行われてきた葬儀は、死者を送るセレモニーとして現代でも行われています。しかし、一昔前に比べると葬儀のかたちは多様化してきており、それに伴いかかる費用についても大きく差がでてくるようになりました。 日本で伝統的に行われているお通夜と告別式という一般的な葬儀の場合、地域による格差はありますが平均すると200万円程度を支払うケースが多いとされています。また、最近広く浸透し始めている、一般の弔問客をお断りし家族や親族・親しい友人だけで行うという家族葬の場合は70万円程度、お通夜を行わない1日葬の場合は50万円程度が平均的な価格となります。さらに、お通夜や告別式を一切行わない火葬式の場合には、20万円程度の費用がかかることが多いようです。

多様化する現代の葬儀のかたち

そもそも日本で古くから行われてきた葬儀は、深い悲しみの中にいる遺族や親族に変わって、同じ町内会に住む人々などが協力して行ってきたものでした。それぞれが菩提寺を持っている時代でしたから、僧侶にお経をあげてもらうのも当然のことでした。しかし、現代においては近隣とのつながりは薄くなりつつあり、核家族化が進み菩提寺を持つ人が少なくなるなど、過去にあった葬儀のかたちを維持することは難しくなってきました。そこに、家族だけで静かに最後の時を過ごしたい、なるべく費用を抑えたいなどの要望が加わり、上記でも述べたようなさまざまな葬儀のかたちが実現されるようになったのです。